株式会社アグリコミュニケーションズ津軽

株式会社アグリコミュニケーションズ津軽

マカ

マカ マカ

日本では健康食品やサプリメントで知られている「マカ」。
アグリコミュニケーションズ津軽は青森で初めてマカの栽培に成功しました。

マカとは

マカ

もともとアンデスのペルー原産と言われる「マカ」は、南米ボリビア・チリのアンデス地方の3,000~4,500mの高地で栽培されています。栽培の歴史は古く、2000年前のインカの原住民によって始められたとされています。
マカは大根やカブと同じアブラナ科の植物で、アンデスでは食材として料理に日常的に使われています。

1998年、当時ペルーの大統領であった、アルベルト・フジモリ氏が来日した時、インカ帝国時代からの秘薬としてマカが紹介されたことで日本での注目度が高まりました。

マカの成分

マカ塊茎部独自製法(低温真空乾燥)粉末(100g中含有量)

全アミノ酸が100g中5519mgも含まれることから、高アミノ酸食品であるという事がわかります。

全アミノ酸5519mg
エネルギー333kcal
たんぱく質21.7g
脂質1.1g
炭水化物68.8g
糖質49.3g
食物繊維19.5g
食塩相当量0.04g
ナトリウム18mg
水分3.6g
灰分4.8g
亜鉛3.2mg

マカ葉茎部独自製法(低温真空乾燥)粉末(100g中含有量)

葉茎部は塊茎部よりも高たんぱく、低カロリーであることがわかります。

全アミノ酸2842mg
エネルギー280kcal
たんぱく質30.1g
脂質3.7g
炭水化物43.9g
糖質19.0g
食物繊維24.9g
食塩相当量0.28g
ナトリウム110mg
水分8.4g
灰分13.9g
亜鉛3.1mg

マカの自社栽培

マカの自社栽培

アグリコミュニケーションズ津軽は、青森県で初めてマカの栽培に成功しました。
また、一般的に食されている塊茎部分だけではなく、葉も製品として使用し、マカを最大限に活用できるよう研究を進めております。

赤~いりんご」の花や実を原料とした化粧品や、青森県初の「マカ」のサプリメントを開発しています。商品や販売について気になる点がありましたら、まずはお問い合せください。

機能性植物 赤~いりんご
機能性植物 マカ