株式会社アグリコミュニケーションズ津軽

株式会社アグリコミュニケーションズ津軽

赤~いりんご

赤~いりんご 赤~いりんご

青森県五所川原市特産の果肉まで赤いりんごです。
ポリフェノールやアントシアニンなどが多く含まれています。

赤~いりんごの特徴

赤~いりんご 葉も花も赤みが強い

青森県五所川原市特産のりんごで、皮も果肉も赤いりんごです。
酸味が強く、加工品としても利用しやすいりんごです。花もピンクが強く、葉も赤みがかっています。

アグリコミュニケーションズ津軽は“御所川原”、“栄紅”、“レッドキュー”の赤肉りんご3品種を栽培管理しています。

これらの赤~いりんごは一般的なりんご品種に比べて、ポリフェノール成分が約3倍と高く、アントシアニンが約4倍と多量に含まれています。
またカルシウムが約3倍、ペクチンも豊富に含まれていると言われています。
※御所川原

御所川原(ごしょがわら)

育種家の前田顯三(けんぞう)氏が昭和14年から20数年以上かけて育成した品種を孫の前田榮司(えいじ)氏が引き継いで育成し、その後 青森県五所川原市が譲り受け、選抜後、特性を安定させて育種を完成させた品種が、“御所川原”です。
“御所川原”はアグリコミュニケーションズ津軽が栽培管理している赤~いりんごの代表種です。

栄紅(えいこう)

また、平成7年に“御所川原”(種子親)と王林(花粉親)を交配し選抜育成してできた品種が“栄紅”です。
酸味が強いだけでなく、果汁が多く、適度な糖度もあることから生食にも向いている赤肉りんごです。

レッドキュー

平成7年に“御所川原”(種子親)と金星(花粉親)を交配し選抜育成してできた品種が“レッドキュー”です。
適度な糖度や香りがあり、生食用としても加工用としても用いられます。
※五所川原市で品種登録手続き中

赤~いりんごの成分

御所川原(平成28年度産の幼果) 100g中に含有される栄養成分

アントシアニン318mg
総ポリフェノール6.1g

青森県初の「赤~いりんご」の花や実を原料とした化粧水、フェイスクリームを開発、現在、次の製品を開発中です。商品や販売について気になる点がありましたら、まずはお問い合せください。